肉割れとセルライトの違い!そもそもの原因も消し方も違いがある

セルライトと肉割れについては原因も消すための方法も全く異なってきます。

そのため、あなたの体がどちらに悩まされているのかを明確にしておかないと、無駄な改善対策にもなりかねないので注意が必要です。

肉割れに関しては体の皮膚が関係しているので、ボディケアを行うことによって、予防を行うこともできますし、消す(目立たなくする)ことができます。時間はかかりますが、めんどうなことではないです。

セルライトに関しては日々の生活習慣が悪影響を起こしているので、ボディケアを行っても全く効果はないです。
そのため、日々の生活習慣を改善する必要があり、運動することが必要不可欠となり、時間がかかるとともにめんどうなことも増えます。

肉割れとセルライトに関しても見た目は全くことなります。
そのため、まずはあなたが悩んでいるのがどちらの症状なのかを判断して、それにあった対策を行うようにしましょう。

そもそも肉割れとは?肉割れの原因は皮膚の断裂

肉割れとは肌の奥にある真皮が裂けてしまったことにより起こる肌トラブルの一つとなります。
特徴としてはライン(線)が1本入ります。色は肌色または白色となります。

この線が真皮が裂けてしまった部分になるのですね。
主に足裏、太もも、お尻、お腹などにできることが多いです。

肉割れは主に下記の3つのよっておきます。

  1. ダイエットによる急激な体重の減少
  2. 暴飲、暴食による体重の増加
  3. 妊娠したことによるお腹のふくらみ

体重の増加や減少に伴い皮膚が伸縮を行います。
この伸縮に耐えることができなくて、肌が裂けてしまい肉われが起きる原因となるのです。

消すための対策としてはレーザーによる治療と専用のクリームを塗るの2種類になります。

レザー治療であれば1回1万円から4万円かかるのを何度も行うので費用が高く、やけどするなどのリスクがあります。
一般的に多いのが肉割れ用のクリームを利用することで、毎日のボディケアによって消す(目立たなくする)ことができます。

ちなみに妊娠線に関してはストレッチマークと呼ばれることが多いのですが、肉割れと同じになります。

セルライトとは?脂肪細胞への老廃物が原因

セルライトは脂肪細胞に老廃物がくっついて大きくなったもののことを言います。
もともと体内に存在しているのでが、固まって大きくなってしまうので、肉眼でも目立つようになります。

大きくなった固まりができてしまっているので肌がでこぼこになります。
妊娠線は線が入るので見てすぐにセルライトなのか見分けることができます。

セルライトが出来る原因としては5つあげられます。

  1. ストレス
  2. 代謝不良
  3. 老化
  4. 食生活の乱れ
  5. 運動不足

どれも根本的な原因は同じで、老廃物の排出する機能が低下してしまうので、結果、固まりができてしまいセルライトが表面上で見えるほど悪化をしてしまいます。また、脂肪の量が増加すると老廃物とくっつきやすくなるのも原因の一つです。

体重の多い人で見られることがほとんどです。

脂肪の量が多いとともに、老廃物の排出機能が低下してしまうので、セルライトが固まりとなってしまうのです。

対策としては原因を一つ一つ改善させる必要があります。
そのため、運動やマッサージを行い脂肪の低下と代謝をあげて老廃物の排出を促進させる必要があります。

セルライト対策のエステに通う方法もあります。
脂肪が付きやすい箇所にマシンで刺激を与えることにより、脂肪が付きづらいからだにすることができます。

また、代謝をよくするためのマッサージなどもあります。

ただ、根本的には脂肪の増加と代謝の低下が上げられるので原因となる運動不足などを取り除かなければ、またセルライトができてしまうので注意が必要です。

まとめ

肉割れとセルライトは同じと勘違いをしている人は多いですが、実は全く異なるのですね。

肉割れが皮膚の断裂が原因になるのに対して、セルライトは脂肪への老廃物が関係をしています。そのため、ケアをするにしろ、予防にしろ方法は異なってきます。

セルライトなのに肉割れケアをしていませんか?
逆に肉割れなのにセルライトのケアをしていませんか?

正しい症状・原因・ケアのこの3種類がかみ合うことで消すことができるようになります。

肉割れと妊娠線の違いは妊娠なのか脂肪!消す方法や予防の仕方に違いはある?

からだのお尻やお腹、太もも、ヒザ裏、肩などに線が入ってしまうことを肉割れと呼びます。
そして、赤ちゃんを授かったときにお腹に線が入ってしまうことを妊娠線といいます。

この肉割れと妊娠線の違いについての解説をしています。
これらは見た目も症状も根本的な原因は同じとなっています。

但し、症状が起きる要因は異なってきます。

肉割れと妊娠線にはどんな違いがあるのか?
消し方(目立たなくする)はどうすればいいのか?

これらの点について紹介していきます。

肉割れと妊娠線の違い!異なるのは肉割れ線が入る理由

肉割れにしろ妊娠線にしろ体に赤い線や白い線、紫色の線が入ってしまう原因は同じです。からだの部位が膨れることにより皮膚が左右に引っ張られてしまうことで皮下組織にある真皮と呼ばれる細胞が切れてしまうことです。

肉割れであれば急激に太ったことで脂肪がからだ全体につくので、色々な箇所で肉割れ線が見つかります。また、ダイエットで急激に痩せても脂肪の低下に皮膚がついていけずに同様のことが起きることになります。

妊婦であればお腹の赤ちゃんが大きくなるにつれお腹が急激に大きくなります。結果、皮下組織の皮膚細胞である真皮が切れてしまうのですね。

線が入ることになる要因が異なるだけで根本的な原因に関しては全く同じとなります。ただ、妊娠なのか太ったのかによる違いなのですね。呼び方は違えど根本的な原因は全く変わらず、引き起こす要因が異なるだけなのでケア方法も基本的には同じとなります。。

ただし、原因は同じなのですが、少し異なる部分があるので紹介させて頂きます。

予防についての違い!肉割れと妊娠線が予防ケアは異なるのか?

肉割れと妊娠線では予防の行いやすさが全く変わってきます。

急激に太りたいと思って太る人は基本的にはいなく、そろそろダイエットしなければなと思いつつもだらだらと体重が増えてしまう人が多いです。わたしもそのひとりでした。
そのため、からだに線が入るのは想定外なので基本的に予防対策を行う人はほとんどいないです。太るの前提で暮らす人は特別大食い大会などに出場する以外考えられないですからね。

ダイエットするのであれば予防対策を行いながらできるのですが、急激に太った場合に関しては対処ができないのです。

しかし、妊婦さんであれば後々お腹が膨れるのはわかっています。そのため、妊娠線クリームを使って予防対策を行うことができるのですね。

消すケアについての違い?肉割れと妊娠線でアフターケアに違いはある?

肉割れも妊娠線も要因は異なれど原因は同じで皮下組織に真皮細胞が切れてしまったことです。そのため、すでに体に線が入ってしまったのであればケア方法は全く同じとなります。

クリームを塗って肌を整えることで目立たなくするのか美容手術を行うかの2択となります。ただ、手術だと費用が非常に高いのでクリームを使ってケアをするのが一般的です。

完全に元に戻ることはないのですが、きちんとケアをすることで肉眼では目立たなくすることができます。

ただ、基本的にほとんどのクリームに関しては予防をするために作られています。妊娠する人の数は毎年、表れますし、お腹が膨れるのが分かっているので最近の人は予防としてクリームを塗る人は多いです。(昔はケアをしない人も多かった)

そのため、業界的にも予防を目的としたクリームの開発ばかりがされたのですね。市販されている薬局やドラッグストアのものも予防するためのものと思った方がいいです。

肉割れを消す目的で作られたクリームはほとんどありません。そのため、あまり選ぶことはできないです。
種類がほとんどないこともあり、ノコアと呼ばれるすでに肉割れができた人のために開発がされたクリームは人気が爆発的に伸びました。