肉割れとセルライトの違い!そもそもの原因も消し方も違いがある

セルライトと肉割れについては原因も消すための方法も全く異なってきます。

そのため、あなたの体がどちらに悩まされているのかを明確にしておかないと、無駄な改善対策にもなりかねないので注意が必要です。

肉割れに関しては体の皮膚が関係しているので、ボディケアを行うことによって、予防を行うこともできますし、消す(目立たなくする)ことができます。時間はかかりますが、めんどうなことではないです。

セルライトに関しては日々の生活習慣が悪影響を起こしているので、ボディケアを行っても全く効果はないです。
そのため、日々の生活習慣を改善する必要があり、運動することが必要不可欠となり、時間がかかるとともにめんどうなことも増えます。

肉割れとセルライトに関しても見た目は全くことなります。
そのため、まずはあなたが悩んでいるのがどちらの症状なのかを判断して、それにあった対策を行うようにしましょう。

そもそも肉割れとは?肉割れの原因は皮膚の断裂

肉割れとは肌の奥にある真皮が裂けてしまったことにより起こる肌トラブルの一つとなります。
特徴としてはライン(線)が1本入ります。色は肌色または白色となります。

この線が真皮が裂けてしまった部分になるのですね。
主に足裏、太もも、お尻、お腹などにできることが多いです。

肉割れは主に下記の3つのよっておきます。

  1. ダイエットによる急激な体重の減少
  2. 暴飲、暴食による体重の増加
  3. 妊娠したことによるお腹のふくらみ

体重の増加や減少に伴い皮膚が伸縮を行います。
この伸縮に耐えることができなくて、肌が裂けてしまい肉われが起きる原因となるのです。

消すための対策としてはレーザーによる治療と専用のクリームを塗るの2種類になります。

レザー治療であれば1回1万円から4万円かかるのを何度も行うので費用が高く、やけどするなどのリスクがあります。
一般的に多いのが肉割れ用のクリームを利用することで、毎日のボディケアによって消す(目立たなくする)ことができます。

ちなみに妊娠線に関してはストレッチマークと呼ばれることが多いのですが、肉割れと同じになります。

セルライトとは?脂肪細胞への老廃物が原因

セルライトは脂肪細胞に老廃物がくっついて大きくなったもののことを言います。
もともと体内に存在しているのでが、固まって大きくなってしまうので、肉眼でも目立つようになります。

大きくなった固まりができてしまっているので肌がでこぼこになります。
妊娠線は線が入るので見てすぐにセルライトなのか見分けることができます。

セルライトが出来る原因としては5つあげられます。

  1. ストレス
  2. 代謝不良
  3. 老化
  4. 食生活の乱れ
  5. 運動不足

どれも根本的な原因は同じで、老廃物の排出する機能が低下してしまうので、結果、固まりができてしまいセルライトが表面上で見えるほど悪化をしてしまいます。また、脂肪の量が増加すると老廃物とくっつきやすくなるのも原因の一つです。

体重の多い人で見られることがほとんどです。

脂肪の量が多いとともに、老廃物の排出機能が低下してしまうので、セルライトが固まりとなってしまうのです。

対策としては原因を一つ一つ改善させる必要があります。
そのため、運動やマッサージを行い脂肪の低下と代謝をあげて老廃物の排出を促進させる必要があります。

セルライト対策のエステに通う方法もあります。
脂肪が付きやすい箇所にマシンで刺激を与えることにより、脂肪が付きづらいからだにすることができます。

また、代謝をよくするためのマッサージなどもあります。

ただ、根本的には脂肪の増加と代謝の低下が上げられるので原因となる運動不足などを取り除かなければ、またセルライトができてしまうので注意が必要です。

まとめ

肉割れとセルライトは同じと勘違いをしている人は多いですが、実は全く異なるのですね。

肉割れが皮膚の断裂が原因になるのに対して、セルライトは脂肪への老廃物が関係をしています。そのため、ケアをするにしろ、予防にしろ方法は異なってきます。

セルライトなのに肉割れケアをしていませんか?
逆に肉割れなのにセルライトのケアをしていませんか?

正しい症状・原因・ケアのこの3種類がかみ合うことで消すことができるようになります。

お腹の肉割れの原因や消す方法!痩せればお腹の赤い線は消える?

お腹に肉割れができてしまい、なんとか消したいって人は多いです。
急激に体重が増加することによって、肉割れが全身にできてしまうなんてこともあります。

お腹周りにできるのもそのひとつです。

数が増えれば増えるほど、見た目的にも目立つので辛いですよね。
特に生理が近づいたり、寒い冬の時期になると辛いものです。

肌が乾燥をすることによって肉割れが濃くなってしまうのですね。
そのため、ダイエットをすることで肉割れを消そうとする人は多いです。

でも、本当に痩せれば肉割れ線を薄くすることなんてできるのでしょうか?

ここでは彼氏に嫌われないためにも、肉割れを消すことができるのかについて解説していきます。
全身に肉割れができてしまった・・・

痩せてどうにかしたいって思っている人はご覧ください。

太ることが原因のお腹の肉割れ!ダイエットで痩せれば肉割れ線は消える

多くの人が間違えているのがダイエットをして痩せると肉割れが消えるってことです。
肉割れを完全に消すことはできません。

太ったら肉割れができたからといって痩せれば治る訳ではないのですね。

ただ、肉割れを薄くすることは可能ではあります。
完全に消すことはできないですが、目立たなくすることはできるのですね。

できてしまったお腹周りの肉割れを消すため、多くの人がダイエットしようと考えます。

ところが短期間で急激に痩せてしまうと逆効果になります。
皮膚はたるんでしまうので、肉割れの線が逆に目立ってしまうのですね。

急激な運動や断食のリバウンドの繰り返しで、皮下脂肪が減少する速さに、皮の縮小する早さが追いついていけないからです。
運動するなら軽い運動から始めましょう。

少しずつ運動量を増やしていき、皮膚のたるみを防ぐようにしましょう。

このように残念ですが、ダイエットをしたとしても肉割れが消えるなんてことはありません。
母親のお腹を思い出してもらうと判ると思うのですが、妊娠線がくっきりとはでておらず、

薄い線になっているもしくは消えたように見えているはずです。

肉割れがなぜ消えないのかというと、再生することのない真皮と呼ばれる皮膚が切れてしまっているためです。

お腹周りの肉割れを消す方法!お腹の肉割れを薄くするケア

薄くするためにはダイエットを実践しながら、新陳代謝を上げ保湿ケアをすることの2つです。

1、新陳代謝を上げる
2、保湿ケア

肉割れは体が急に大きくなることで、皮膚が伸びて切れてしまったものです。
表皮の下には皮膚の再生機能である基底層があります。

基底層は新陳代謝によって、常に新しい皮膚細胞が作りだされているのです。
そのため浅い傷や切り傷などは、新しい皮膚細胞によって押し出され消えるのですね。

新陳代謝を上げて肉割れのケアをする

真皮はその基底層の下にあります。

真皮は押し出される事がないので、再生することができません。
そのため一度切れてしまうと、元の綺麗な皮膚に戻ることができないのです。

また真皮が切れたことで、基底層の再生機能がダメージを受け、弱ってしまっています。
肉割れを薄くするには、まずは基底層の新陳代謝を上げなければいけません。

そのためには運動することです。

代謝が良くなれば基底層の再生機能が活発に働き、皮膚細胞が再生されるのです。
再生された皮膚細胞は、真皮の上の周囲を覆い継ぎ接ぎのように伸びて次々と生まれてきます。

そのため肉割れが薄く見えるのです。

新陳代謝を上げるにはカロリーを抑え、運動をすることが一番良いのです。
運動が苦手なら一駅手前で降りて、歩いて帰宅することでも効果はあります。

保湿ケアをすることが重要!ガタガタな肌の改善

肌の潤いは真皮の層によって保たれています。

真皮層では保湿機能のエラスチン、コラーゲン線維、ヒアルロン酸などが肌の弾力と収縮性を支えているのです。
エラスチンは真皮の土台といわれ、コラーゲン線維が柱となって弾力や伸縮性を保っています。

その間でヒヤルロン酸が水分を抱え肌の潤いを保持しています。

しかし肉割れは真皮のコラーゲン線維が切れたことで起きたのです。
そのため皮膚の水分は蒸発し、弾力や伸縮性が失われてしまったのですね。

弾力や伸縮性を取り戻すには、保湿することです。
ヒアルロン酸やセラミドの有効成分が配合されているもので、肌を引き締め整えることが大切です。

まとめ

体が冷えていると肉割れは改善されないのです。
冷えを放置していると新陳代謝がますます低下して、いつまでも肉割れを改善することができません。

新陳代謝を上げることで細胞が活性化され、新しい肌細胞を再生することができるのです。
また肉割れは真皮が切れたことで、肌の水分量が減少し弾力を失っている状態です。

そのため保湿性の高いものでケアすることが大切なのですね。

肉割れと妊娠線の違いは妊娠なのか脂肪!消す方法や予防の仕方に違いはある?

からだのお尻やお腹、太もも、ヒザ裏、肩などに線が入ってしまうことを肉割れと呼びます。
そして、赤ちゃんを授かったときにお腹に線が入ってしまうことを妊娠線といいます。

この肉割れと妊娠線の違いについての解説をしています。
これらは見た目も症状も根本的な原因は同じとなっています。

但し、症状が起きる要因は異なってきます。

肉割れと妊娠線にはどんな違いがあるのか?
消し方(目立たなくする)はどうすればいいのか?

これらの点について紹介していきます。

肉割れと妊娠線の違い!異なるのは肉割れ線が入る理由

肉割れにしろ妊娠線にしろ体に赤い線や白い線、紫色の線が入ってしまう原因は同じです。からだの部位が膨れることにより皮膚が左右に引っ張られてしまうことで皮下組織にある真皮と呼ばれる細胞が切れてしまうことです。

肉割れであれば急激に太ったことで脂肪がからだ全体につくので、色々な箇所で肉割れ線が見つかります。また、ダイエットで急激に痩せても脂肪の低下に皮膚がついていけずに同様のことが起きることになります。

妊婦であればお腹の赤ちゃんが大きくなるにつれお腹が急激に大きくなります。結果、皮下組織の皮膚細胞である真皮が切れてしまうのですね。

線が入ることになる要因が異なるだけで根本的な原因に関しては全く同じとなります。ただ、妊娠なのか太ったのかによる違いなのですね。呼び方は違えど根本的な原因は全く変わらず、引き起こす要因が異なるだけなのでケア方法も基本的には同じとなります。。

ただし、原因は同じなのですが、少し異なる部分があるので紹介させて頂きます。

予防についての違い!肉割れと妊娠線が予防ケアは異なるのか?

肉割れと妊娠線では予防の行いやすさが全く変わってきます。

急激に太りたいと思って太る人は基本的にはいなく、そろそろダイエットしなければなと思いつつもだらだらと体重が増えてしまう人が多いです。わたしもそのひとりでした。
そのため、からだに線が入るのは想定外なので基本的に予防対策を行う人はほとんどいないです。太るの前提で暮らす人は特別大食い大会などに出場する以外考えられないですからね。

ダイエットするのであれば予防対策を行いながらできるのですが、急激に太った場合に関しては対処ができないのです。

しかし、妊婦さんであれば後々お腹が膨れるのはわかっています。そのため、妊娠線クリームを使って予防対策を行うことができるのですね。

消すケアについての違い?肉割れと妊娠線でアフターケアに違いはある?

肉割れも妊娠線も要因は異なれど原因は同じで皮下組織に真皮細胞が切れてしまったことです。そのため、すでに体に線が入ってしまったのであればケア方法は全く同じとなります。

クリームを塗って肌を整えることで目立たなくするのか美容手術を行うかの2択となります。ただ、手術だと費用が非常に高いのでクリームを使ってケアをするのが一般的です。

完全に元に戻ることはないのですが、きちんとケアをすることで肉眼では目立たなくすることができます。

ただ、基本的にほとんどのクリームに関しては予防をするために作られています。妊娠する人の数は毎年、表れますし、お腹が膨れるのが分かっているので最近の人は予防としてクリームを塗る人は多いです。(昔はケアをしない人も多かった)

そのため、業界的にも予防を目的としたクリームの開発ばかりがされたのですね。市販されている薬局やドラッグストアのものも予防するためのものと思った方がいいです。

肉割れを消す目的で作られたクリームはほとんどありません。そのため、あまり選ぶことはできないです。
種類がほとんどないこともあり、ノコアと呼ばれるすでに肉割れができた人のために開発がされたクリームは人気が爆発的に伸びました。

太ももの肉割れの原因や消す方法!太股は痩せていても線ができる原因になる

肉割れが太ももにできてしまうと、好きな服を着ることもできなければ海に行くこともできません。

ショートパンツやミニスカートを履きたい。
でも肉割れが見えると男性に嫌われてしまうので着れないですよね。

1,2本程度ならそんなに目立たないので、気にするほどではありません。
でも、肉割れがたくさんできてしまう人は多く、どうにかしたいって思う女性は多いです。

数が増えてしまうと目立ってしまうので、人に見たれたら恥ずかしいですよね。
太ってしまうと体の色々な皮膚が伸びてしまうため、肉割れが全身にできてしまうことがあります。

特に太ももは肉割れができやすい部分なのです。

一度できた肉割れは、現在の施術でも完全に消すことができません。
肉割れは一般的には妊娠や体脂肪が増えたことで、皮膚が伸縮に耐えきれなくなって切れたのです。

太ももに肉割れの原因!太ももに脂肪線ができやすり理由

太ももは肉割れが発症をしやすい部位となっています。

肉割れができる原因は急激に太ったり筋肉が付いたことにより、皮膚が切れてしまうのが原因ではあります。しかし、生活環境の中でも太ももにできやすい理由があります。

それが下記の2つとなります。

  1. 座りぱなしの仕事の人
  2. 自転車に乗っている人

このどちらかに当てはまるのであれば、太ももに肉割れができてしまう可能性が高いです。

座りぱなしだと太もも肉割れができる原因!運動不足で太るからではない

長い時間座っていると、太ももの血行が悪くなります。
椅子に座ってする仕事だと、姿勢を変えず筋肉を動かすことがないので、血行が悪くなり太ももに脂肪が付いてしまうのです。

血液は心臓ポンプによって動脈を通り、酸素や栄養素を体に運んでいます。
足のポンプ機能は、重力により静脈の血液を心臓に戻してあげる役割をしています。

1日座りっぱなしだと太ももの静脈の働きが悪くなり、老廃物や脂肪が溜まりやすくなってしまうのです。
そのため、足が浮腫むのです。

さらに放置してしまうと太ももの脂肪細胞が大きくなり、下半身が太ってしまいます。
そのため、肉割れやセルライトができてしまうのです。

血行を促すためにも仕事中に時間を見つけ、屈伸運動やマッサージなどを行うと良いでしょう。

自転車に乗っている人が太ももに肉割れができる原因

太ももの筋肉は体の中で一番大きい筋肉のため、負担が掛かると大きくなってしまうのです。
そのため自転車を漕いでいる人は、太ももだけに筋肉が増えやすいのです。

自転車による運動には大きく別けて、有酸素運動と無酸素運動の2つがあります。

  1. 有酸素運動
  2. 無酸素運動

有酸素運動を長時間行うことで、糖質や脂肪を酸素と共に燃焼させることができます。
自転車に乗る時はゆっくりとした呼吸でペダルを漕ぐことで、脂肪が燃焼され足が細くなるのです。

そのため足痩せダイエットには効果的といわれています。

無酸素運動は、筋トレのように筋肉を鍛える運動になります。
短時間で息切れする運動は、基礎代謝が上がりやすく筋肉が発達しやすいのです。

その為、自転車で最速で漕いだり、坂道を立ち漕ぎで昇ったすることで、太ももの筋肉が発達し大きくなってしまうのです。

筋肉が大きく発達してしまうと、皮膚が伸び切って肉割れができてしまうのですね。
自転車は漕ぎ方によって、足を細くする効果がありますが、肉割れをつくってしまうこともあります。

自転車に乗る時は、有酸素運動を心がけて漕ぎましょう。

太ももの肉割れを消す方法!ケアと座りっぱなしの改善

根本的な肉割れの原因も消す方法も部位別に変わりはありません。
しかし、原因となる要因が少し異なってきます。

そのため、基本の肉割れを消す方法を試しながら、太もも特有の原因を解消することが大切です。

座り仕事をしている人であれば、1時間おきに少し立ち上がってみるなど、簡単なことでも試すようにしましょう。
長時間座っていると血流が悪くなってしまうので、その辺の解消をしていくことが効果的となります。

まとめ

太ももは脂肪も筋肉も多い部位となっています。
そのため、肉割れができやすい箇所でもあるのですね。

特に長時間座ることが多い人だと圧迫や血液の流れの低下を招きかねません。
そのため肉割れができる原因にもつながってしまいます。

きちんとケアをしなければ更に赤い線や白い線が増えてしまうことも多いです。
太ももに肉割れ線ができるとショートパンツやスカートなど履けなくなってくるので、早めにケアをするのがおすすめとなります。